Welcart用 Amazon Payプラグイン

AAP001

Amazon Payプラグイン

(AAP001)

WordprassのECプラグインWelcartで「Amazon Pay」が使用できるようになりました。
このAmazon Pay拡張プラグインは、すでにAmazonに登録された配送先と決済情報を利用することで、ユーザーが最短で注文を完了できるようになる拡張プラグインです。


※このプラグインを使用するには、Amazon Payの販売事業者への登録が必要です。
※Amazon Payの利用には、4.0%(デジタルコンテンツの販売の場合は4.5%)の手数料がかかります。
※Amazon Payは法人様限定のサービスで、現在、個人事業主様はご利用になれません。お申込み時にAmazonによる審査があります。また、また禁止商品もあります。詳細はこちら

再ダウンロード有効期間(日数)無期限
ファイル名welcart-amazonpay.1.4.0.zip
公開日
バージョン1.4.0
制作
初回課金日2018-12-14
Amazon Payプラグイン
月額
¥5,000(税別)

インストール方法

有効化にして設定
Amazon Payをインストールするだけで、Welcartの支払いオプションとして追加されます。管理ページの左の列にある「Welcart Shop」タブの下の「クレジット決済設定」に移動します。 「Amazon Pay」は、「クレジット決済モジュール選択」タブの支払いオプションの1つとして表示されます。 「利用中のクレジット決済モジュール」に「Amazon Pay」をドラッグし、「利用するモジュールを更新する」ボタンをクリックして、Amazon Payタブを作成します。
Amazon Payを有効化した後、「Amazon Pay」タブをクリックします。 Amazon Payには、マーチャントID、クライアントID、アクセスキー、秘密鍵の4つのフィールドがあります。
Amazon Payを利用する場合、Amazon Payへ「販売事業者様 お申し込み」が必要になります。 詳細はこちら
※Amazon Payは法人様限定のサービスで、現在、個人事業主様はご利用になれません。お申込み時にAmazonによる審査があります。また、また禁止商品もあります。 詳細はこちら
「Asumilクライアント ID」と「Asumilシークレットキー」は、Amazon Payプラグインを購入すると電子メールでIDとKeyが届きます。
シークレットキーは、毎月一回新しいキーを入力する必要がありますのでご注意ください。

管理ページのサイドバー「設定」タブにある「Asumil認証確認AmazonPay」へ移動します。 サブスクリプションの認証にクライアントIDとシークレットキーを入力します。


「Asumilクライアント ID」と「Asumilシークレットキー」は、「マイページ」の注文履歴にて確認できます。また、ドメイン名を更新することもできます。登録したウェブサイトのドメイン名が正確に一致しない場合は、Amazon Payプラグインを使用することはできませんのでご注意ください。
「www.domain.com/dir」のように、1つのサイトがルートドメインのサブフォルダにある場合は、パスを省略する必要があります(例:www.domain.com)。 サブドメインは別ドメインとなります。たとえば、「sub.domain.com」は「domain.com」とは別のドメインとなり、サブドメインごと、もしくはドメインごとに購入していただく必要があります。
すべての情報を入力後、「クレジット決済設定」ページで「利用料金」を「利用する」に設定した後、管理ページの左側のサイドバーにある「ウェルカートショップ」の「基本設定」へ。 「支払方法」にある「新しい支払い方法を追加する」からAmazon Payを追加します。 名前は必ず「Amazon Pay」とし、「決済種別」から「Amazon Pay決済」を選択してください。説明は好きなものにすることができます。
Amazon Payの使い方

Amazon Payでの購入があると、受注リストページに注文が表示されます。すべての新規注文は「入金状況」が「Pending」、対応状況を「発出済」にすると「入金済み」となります。対応状況をキャンセルにすると「入金状況」が「未入金」となります。新規注文は、お支払がまだ確定されていないことを示すために、「Pending」に設定されています。

通常は Amazon Payでの購入は、自動的に支払いを受け取ることはありません。販売者は、これを自身で行う必要があります。これを簡単にするために、Amazon Pay APIコールをWelcartに直接統合しました。簡単に言うと、「対処状況」を変更すると、支払いを受け取るかどうかを自動で行えるようになりました。 「対処状況」の変更による影響は次のとおりです。

発送済み:Amazonが注文を終了し、支払いを受け取れるようになります。 「入金状況」は「入金済」に変更になります。
キャンセル: Amazonは注文を取り消し、支払いを受け取らないようになります。 「入金状況」は「未入金」に変更になります。
取り寄せ中: 処理はありません。

注意:Amazon Payでの受注は、「入金状況の変更」をする必要ありません。
Amazon Payでの受注の「対応状況」は、受注リストページからまとめて変更することができます。ただし、多くの注文を一括処理する場合は、動作が遅くなる可能性がありますので、ご注意ください。
Amazon Payでのエラーは、管理ページの「決済エラー」に表示されます。注文の詳細と現在のステータスを表示するには、[詳細]をクリックします。

Amazon Payでは、修正可能なエラーと修正不能なエラーがあります。たとえば、購入者が無効なクレジットカードで購入しようとすると、「InvalidPaymentMethod」または「PaymentMethodNotAllowed」というエラーが発生します。このエラーは、購入者がクレジットカード情報を修正するか、支払いオプションを変更して注文を完了できるため、修正可能です。一方、「AmazonRejected」などの修正不可能なエラーが発生した場合、購入者は注文プロセスを最初から行う必要があります。

ポイント:Amazonでは、エラーが発生しても、購入者は注文を完了できます。エラーがあったかどうかは「現在のステータス」から確認できます。注文時にエラーがあった場合に、購入者自身で支払方法を修正されたかどうかを確認できる機能です。

復旧可能なエラーの場合、購入者は5分以内に支払い方法を修正しないと、注文は自動的にキャンセルされます。
Welcart拡張プラグインのサポート
Welcart拡張プラグイン 対応状況
wcex_coupon
対応
wcex_dlseller
未対応
wcex_multiprice
対応
wcex_sku_select
対応
要件
要件 対応バージョン
PHP
5.6.2
Welcart
1.9.6

※Amazon、Amazon.co.jp、Amazon Payおよびそれらのロゴは、Amazon.com,inc.またはその関連会社の商標です。